磯からのチヌ釣り講座
(グレ釣りとの比較から考察します。)


チヌはグレとは同じ仕掛けですが、釣り方は根本的に違います

磯釣りを初めて覚えたのは、チヌ釣りからでした。
チヌはシーズンに入れば比較的簡単に釣れる魚(当時は釣れたのです。)でもあったためか、単純にチヌ釣りを行い、一応満足?した後はグレ釣りへと方向転換を行ないました。
グレにしばらくはうつつを抜かしていて、そうして気が付いた事なのですが、やはりチヌはグレとは根本的に違っている部分を持っていたのです。
基本的な釣り方は、円錐ウキ一個のフカセ釣り、チヌもグレも道糸やハリスの号数こそ違え、その基本的な仕掛けはほとんど同じです。
けれども、チヌはグレのように同じポイントでバタバタとは食ってくれない状況に何度も出くわしたのです。
おかしい?こんなはずじゃないのに....? と悩み、首をかしげることもたびたびでした。
グレとチヌとの根本的な違いが、食うポイントや食うパターンが違う、という事実が解らなかったのです。


不思議で不可解、それだけにチヌ釣りは面白い

チヌは気まぐれです。
潮に敏感に反応するかと思えば、よどんだ潮の中ででも平気で?食ってきたりする場合もあるから注意を要します。
撒き餌に敏感に反応するかと思えば、撒き餌の沈み流れてゆくであろう場所?でじっと待ち構えている場合も多いようです。
不思議で不可解な部分が多いだけに、面白くもあるのです。
そこで、まずは上がった磯の何処を釣るか、です。
チヌはある時には臆病で、またある時には大胆不敵になったりもします。
そこで、その行動から考えて攻略ポイントを絞り込み、何処を狙うかを考えます。
その行動範囲は大まかかもしれませんが、次の三種類に分けることができます。
1.餌を探して移動している魚。
2.磯近くに居着いている魚。
3.磯近くの餌が豊富な場所で一服して少しの間休息し、それからまた移動し始める魚

−の三種類です。
*移動している魚は、潮通しの良い深みを狙います。
*磯近くに居着く魚は、藻やシモリなどの障害物周辺が狙うポイントとなります。
*少しの間休息するために磯近くに集まっている魚は、潮にも敏感に反応し、撒き餌にも食い上がってくる ため、グレ釣りと同じような釣りになります。
釣るポイントや狙い方には、実は三種類のパターンを用意しなければならなかったのです。
これこそが、グレ釣りとは異なるチヌ釣り独特の面白さであり、攻略のキーポイントでもあったのです。


撒き餌の潮下を狙ってサシエサを入れる

そこで、釣り方の実践です。
基本はグレ釣りと同じように、撒き餌とサシエサが離れないように同調させることから始めます。
狙うポイントは、潮が変化し合わさっている場所、すなわち撒き餌が集合しながら沈み流れてゆく場所や、撒き餌が落ち着き溜まる場所です。
さらには、障害物の多いシモリや藻などが生えている周辺。グレ釣りの要領で釣ってみて、まずは与えられた状況下での仕掛けの馴染み具合や潮の流れ具合、そうして撒き餌の沈み具合などをきちんと認識するためです。
それじゃこのグレ釣りの要領でチヌを攻略できるのかといえば、それだけではチヌをきちんと攻略はできません。
それが何故かといえば、グレのように撒き餌の中にいきなり入ってくるのではなく、チヌは撒き餌の周辺から食い集まってくる習性を持っているからです。
そこで、撒き餌を撒いたその潮下へサシエを入れて流してやる工夫を行うことが必要となってきます。
撒き餌を撒いた場所を起点として、その潮下の流れの延長線までを狙うポイントとして考えてやるのです。

次に、ウキ下の工夫です。すなわちウキを起点としての縦の延長線を考えます。
チヌはグレと違って、釣れたチヌのハリの掛かり場所をよく観察すれば分かることですが、口の周りのありとあらゆる場所にハリが掛かる魚です。
これはすなわち、エサを上からでも下からでも自由自在に食べることのできる証明でもあるのです。
そのため、タナは少々深めに設定し、サシエの流し方や沈ませ方を工夫するのが非常に有効な方法だったのです。
縦と横との立体的な組み合わせの応用を行いだして初めてチヌがこちらの計算どうりに釣れるようになり、その面白さが少し理解できるようになりました。

チヌは通常、撒き餌に対してはグレほど俊敏に反応しない

またグレ釣りとの比較になりますが、チヌの撒き餌に対する反応はグレほど俊敏ではありません。
エサを撒き、集まるまでにはしばらくの時間を必要とする場合が多いのです。
さらには、一カ所、一ポイントでの釣果はそれほど上がらない、と思って望んだほうがよいのです。
潮通しの良い場所やシモリ周辺に居着いているチヌが多い場合は別でしょうが、上記にあげたチヌの行動パターンを考えれば、釣ろうとする狙いポイントを三パターンに分けて考え、上がった磯の状況に応じて時間の経過とともにポイントを釣り分けてゆくことこそが大切なのです。
よくチヌは縄張りを持つ、といわれています。
グレのように潮に敏感に反応して、群れをなして団体行動をする魚ではないのかもしれません。
時には集団で行動もするのでしょうが、単独で行動している場合も多いようです。
実に不可解な魚です、チヌは。


-秋のチヌ釣りシーズン突入に向けて、一度この講座を参考にしてみてはいかがでしょう。それまでのチヌ釣りの楽しさよりも、もっともっと楽しい釣りを行ってくれることを願ってやみません。-