グレ釣りのガン玉について


グレ釣りは難しい?いやグレ釣りは簡単だ!

釣れる時はそれこそ簡単に呆気なく釣れ、釣れない時には本当に難しくててこずってしまいます。

簡単なのもグレ釣りなら難しいのもグレ釣り。
グレ釣りとは、実はその双方を持ち合わせている遊びだ、という事なのでしょうがー。

ところでグレ釣りにおける仕掛けのガン玉についての考察

グレ釣りは一言でいえば、潮を釣る釣りです。
何故なら、グレという魚は磯から釣れる魚の中でも、最も潮の動きに敏感に反応している魚だからです。

徳島では古くからグレ釣りに対して、「潮の切れ目は縁の切れ目」−と言われてきましたが、グレ釣りにおいては潮の動きがいかに大切かを教えてくれている言葉なのでしょう。

そこで、潮を釣る、とはいったいどいういう事なのでしょう。

グレやチヌ釣りは、徳島では昔から何故か“フカセ釣り”と呼ばれてきました。

フカセ釣りとは、ハリスに付けた針一本のエサを潮の流れるままに自然に流す釣りの事だと言われています。
それが現代では、ウキをつけ、時にはガン玉をつけ、周知の“グレ釣りの基本仕掛け”に変化したのはご存知のとうりです。

グレ釣りにおける基本のスタンダード仕掛けは、円錐ウキ一個、ハリスは3ヒロ前後で針一本、が最も多いようですが、ここで問題なのはハリスに打つガン玉。

フカセ釣りでは、自然にエサを流そうとすれば、できる限りハリスに何もつけないのが基本なのですが、いつしか状況に応じてガン玉が使われるようになりました。

ガン玉、それは文字どうり散弾銃の玉なのですが、それに切れ目を入れ、その規格も散弾銃と同じく、B、BB、・・・となってしまいました。

そこで、ガン玉を使う必要性が一番に生じたのは、まずはサラシ狙いでした。

サラシはその種類にもよりますが、潮の流れが激しく、複雑で、とてもガン玉なしの軽い仕掛けでは馴染みません。
いつしかガン玉の使用は、必要に迫られたグレ釣り師の苦肉の策(?)となったのです。

ガン玉の使われ始めたルーツはこのくらいにして、問題はガン玉をいかに有効に使用するか、という事。

ーで、先日の日振島での出来事です。
場所は横島の一番。
最近のグレ釣りの自分自身の課題として、軽い仕掛けを狙った潮にいかに自然に馴染ませるか、ーという事にこだわり続けていた矢先の事でした。
本流が磯の両側をかすめて流れている場所で、まずはガン玉なしの仕掛けで臨みました。

仕掛けは一投ごとに流れるコースが違います。
何度打ち返しても、それは同じでした。
ーと同時に仕掛けの馴染み具合いばかりか、落ち着き具合いやその沈み具合いも違います。
潮の変化が激しく、安定していないのです。

こんな状況下では、狙っているポイントへは、とても仕掛けが馴染みません。
軽い仕掛けでしばらくは頑張ってみたものの、自分のこだわりを断念せざるを得ない状況だったのです。
そこで、闘魂ウキFにジンタン3号を一個打ち少し馴染み具合いの観察です。
−が、まだウキは浮いている状態が続き、またその馴染み具合いももう一つ。さらにハリスに3号をもう一個追加して、それもハリスを三等分するような位置に打つことで、ようやく仕掛けが馴染み落ち着き始めたのです。
案の定それからはポツリポツリとグレが釣れ始め、結局釣ったグレは20匹あまり。

この日、もしもガン玉を使用しなかったら、とてもこれほどのグレと出会える事はできなかった、と断言できます。
たかがジンタン二個程度、けれどもその威力たるやこちらの計算を上回るほどに凄いものでした。

通常グレ釣りにおいては、ガン玉を使おうが使うまいが、釣れる時は釣れるものです。
仕掛けの操作方法などでカバーできる場合も多く、何も余分な用具を敢えてハリスに付ける必要はないのです。
けれどもガン玉の場合だけは、これがなければどうしようもない、といった状況が、上記に上げたある一つの例からも起り得るのです。

ガン玉がどうしても必要な状況というのはまだまだたくさんあります。

マキエを撒き、仕掛けを投入し、ウキとマキエの流れ沈むその方向が違っている状況下というのは、俗に言われる二枚潮
こんな時に軽い仕掛けを使ってもとてもじゃあないがグレの食うタナまでサシエは届かないばかりか、マキエとサシエは完全に離れ離れになってしまいます。これではいくら仕掛けを打ち返しても、グレが食ってくれる確立はウンと低くなってしまいます。

グレ釣りは潮を釣る釣りです。
狙っている潮は上潮ではなくその下の潮なのです。
下の潮を釣ろうとした場合、軽い仕掛けでは仕掛けが沈み落ち着くまでにすでに上潮に乗ってしまい、馴染んだ時点ではもうマキエと完全にかけ離れた位置を流れているのです。

その時の状況にもよりますが、こんな場合の特効薬として、私はハリスの真ん中近くに最低でもBのガン玉を付ける事から始めます。たったB一個のガン玉でも、付けるのと付けないのではその効果たるや絶大な場合が数多いのですから。

また潮の流れが速く、その流れの落ち着く先を釣ろうと思った時なども、まずは仕掛けを馴染ませる事を優先して最初からガン玉を使用します。仕掛けが馴染まず上スベリで流れてゆけば、狙っているポイントを通過してしまう事などしょっちゅうなのですから。

そこで、ガン玉の一個打ちか段打ちか、という事になるのですが、これはいかに仕掛けを潮に馴染ませ、狙ったポイントで落ち着かせるか、ということと相関関係がある事なのですが、私は、二枚潮の場合は一個複雑で落ち着かない潮の場合は段打ち、という選択を基準としています。

換言すれば、仕掛けを取り敢えずある最低限のタナまで沈ませる事を優先させる場合は一個打ち、馴染ませる事を優先させたい場合は段打ち、という事になるのですが、そのいずれの場合でも最終の目的は、狙ったポイントのタナへ、サシエをきちんと落ち着かせて送り込むための方法なのです。

ガン玉は、基本的には潮の動きが素直であれば敢えて使う必要はないでしょう。
また複雑な潮でも、頑張って釣っていればその内に何匹かは釣れる場合があるでしょう。
けれどもガン玉を使用することにより、それまでよりももっともっと釣れる事が多い状況もたくさんあるのです。

抵抗の少ない軽い仕掛けが礼賛されている最近のグレ釣りの流れの中で、ガン玉の持つその絶大な効用、もう一度再度見直し、考え直してみてはいかがでしょう?

グレ釣りは、まずは仕掛けをグレの食うであろうタナへ、そうしてサシエをも同時に送り込まなければ、現在のグレ釣りでは釣り上げることが非常に難しくなっているのですから。


注)
<この原稿は、3月下旬に発刊される、ある磯釣り専門誌に掲載される予定の内容を、一足お先に公開しました。>