グレ釣りにハマッたその理由


釣りを始めたきっかけは小学校低学年。いやそれより前かもしれません。

当時住んでいた家のすぐ前が四国三郎と呼ばれている大河吉野川。
単なる子供の遊び場として、豊かな自然の中での釣りというひとつの遊びにのめり込んだのは自然の流れでした。

当時は笹薮から切り出した竹竿。餌はミミズや田えび。竿や餌はタダ。駄菓子屋で針付きのテグスとセルロイドの棒ウキや桐の割玉ウキ、ガン玉などを買い、道糸などはタコ糸です。現在の用具とくらべれば、何百分の一ほどです。

潮入り川ではチヌやはぜ、川では鮒やコイ。それこそいくらでも釣れた豊かな時代でした。

しばらくすれば竿は五三竹の継ぎ竿、リールは木ゴマのタイコリール。
近代釣り具が出回り出せば、釣果はさらに延び、釣りが一層楽しくなります。中学生、高校生と次第に釣りにのめり込むようになったのも仕方ない事でした。

中学生のある頃、受験勉強のさ中、オヤジが大きなグレという魚を釣ってきては私に持たせて写真をパチリ。
こちらとしては訳がわからないままに、ボウズ頭ではいポーズ。全くの釣り馬鹿親子でした。

そんな子供がいったいいつから、何故グレ釣りにこれほどにまでのめり込むようになったのか。それは私が波止でのチヌ釣りで、生まれて初めてグレという魚に出会った時からでした。

高校卒業後県外の大学から社会人。しばらくして結婚し、徳島へ帰ってきた私が久し振りに釣り竿片手に波止狂いが始まります。
チヌを狙って右往左往。二年ほどは波止釣り師。ところが思わぬ事にグレが釣れてしまいました。

“この魚何ていうん?” 最初はそんな程度だったのです。

けれどもチヌとは全く似ても似つかぬその魚。引きの強さも違います。

"ああ!あの時オヤジが持たせてくれた魚だ。" 想い出すのにしばらくの時間が必要でした。

コバルトブルーに輝くその愛くるしい眼。それとは対照的な、真っ黒でいてまるで精悍なその風貌。釣り上げたばかりのその魚にしばらくは見とれていた事を想い出します。

一匹の波止でのグレとの偶然の出会いは、私を必然的にグレ狙いへと向かわせました。

当時のエサはシロアミが出回り始めた時期。自宅から車で20分も走った鳴門には、グレはわんさかいたのです。

激流が走り、波止の先端ではその潮流がぶつかり格好の潮目ができています。
見よう見真似で磯釣り師も多く通っていた波止でのグレ釣りにいつしか夢中になりながら、周りの釣り人からもグレ釣りに対する熱い想い入れ話を沢山聞いたものでした。

“牟岐大島にはここよりもっともっと大きいグレが泳いでいる。”
そんな話を聞くたびに、私の中で磯への憧れ、またグレへの憧れが大きく膨らんでいったのは至極当然の事でした。

しばらくすると磯通いが始まります。
釣れても釣れなくても、夢中になっている初心者にベテラン釣り師が助け船を出してくれれば、もうすぐその船に乗り込んでしまいます。磯釣りの基本から始まり、潮の重要性、仕掛けのバランス、などなどを事こまかに教えてくれれば、ますますグレ釣りに対する情熱が大きくなってしまいます。

私にとっての "夢中" になった時代でした。

その後次第にグレ釣り仲間が増え、今度はおきまりのライバル出現で競争です。
競争はグレ釣りの工夫の大切さを教えてくれます。それまでの自分一人よがりのグレ釣りから今度は皆さんの力をも借りたグレ釣りへと変化してゆきます。―と同時に、自分一人で楽しんでいたグレ釣りから大きく変貌して、多くの仲間と共有した多くの楽しみを味わうようになりました。

もういけません。引き返せなくなった自分を感じながらも、ますますグレ釣りにのめり込む自分を感じていました。

しばらくして、四国ダイワグレ釣り選手権という大規模な大会が愛媛県日振島で開催されました。
多くの仲間と参加し、不思議とそれまでになかったような大釣りをしてしまいます。偶然とは恐ろしいモノです。その後の大会でも何故か大会になれば大釣りをするといった、いわば要領の良い私だったのです。
当時の私はグレに好かれていたのかもしれませんがー。

―で、いつしかダイワのフィールドテスター。いったいフィールドテスターって何なんでしょう?

そんな気持ちを抱きながらも、当時は訳のわからぬままのお付き合いが始まりました。
道具をふんだんに使わせていただく幸運に恵まれると、さらにさらにグレ釣りはエスカレートしてゆきます。−と同時に釣り場にしても、東北から伊豆諸島、四国全域はのみならずさらには九州全域までも。

もうこうなるとそれまで感じていたグレ釣りの持つ魅力やその釣り味の面白さからの一変です。
潮も違えば、釣り方も違い、グレの性格やその種類の違いもおぼろげながら解り始めます。

私にとって、グレ釣りの持つ魅力がますます大きく進化し始めた時代でした。

丁度その時期と平行するように、それまでのグレから今度は尾長グレとの出逢いが始まりました。
普段の釣行先であった四国西海での尾長グレとの出逢い。それも3s、60cmオーバーの尾長グレには衝撃を感じたものです。

そうして四国全域では飽き足らず、男女群島への遠征が始まりました。'84年の事でした。
当時は茶グレが沢山磯際を泳いでいて、そればかりか必ず大グレをも含めて大型クーラーが一杯になる、という時代だったのです。これはまさしく "夢の時代" だったのです。けれどもその反面、バラシ、バラシの連続で、グレ釣りに対する恐怖心が芽生え始めた時代でもありました。

いくら叶わなくても、叩きのめされても叩きのめされても、けれども懲りずに強い奴に向かってゆく、何故か釣り人は不思議な動物です。

楽しみを沢山貰いながらも、その一方では多くの苦しさや悔しさ、また数え切れないほど多くの挫折感をも味合わされました。けれども、もしかして、それがグレ釣りの持つ最大の魅力、いや魔力なのかもしれません。

しかしながらまだ全く懲りずに、今までのグレ釣り以上に熱く燃え、夢中になっている今の自分とは、いったい何なのか自分自身でも未だに良くはわからないのです。

グレ釣りから教わった事は、"期待は常に裏切られる。" という事だったはずなのですが、それでも常に期待を大きく持って出かけてしまうグレ釣りの魅力とは、いったい何なんでしょう?

懲りない釣り師か、それともグレ釣りに完全にハマった釣り師か、そんな事はどうでもよいとしても、私のグレ釣りは、間違いなくあの波止での一匹の偶然の出逢いからスタートしてしまったのです。