場所とポイントの選定

場所の選定

磯 釣りに限らず釣りの基本で最も大切なのは、まずは釣りに出かける場所の選定です。魚のいない場所で網を打っても魚は捕れません。−と同様に、お目当ての魚が釣れてもいない場所へ出かけるというのも全く同じことなのです。
当たり前のことですが、これは釣りを行おうとするにあたって、非常に重要な事なのです。
一にも二にもまずは最新情報を元に判断し、最近の釣況から釣れている場所を選びましょう!!。

「そんなこと解っとるわい!」−と言う人が大半でしょう。魚の釣れていない場所へは誰も行かないでしょう。そうです。行っても釣れるはずがないからです。
そこで、情報網を活用します。
渡船屋、新聞、雑誌、テレビ、友人、などなどからの情報をかき集め、自分の過去の経験とも絡み合わせ、万全の体制と準備を整えて出かけることになります。
情報が溢れる時代です。その気になれば、誰でも簡単とはゆかないまでも、かなり詳しく新しい情報をキャッチすることができます。
まず、釣りに行こうとすれば、これらのことを絶対に怠ってはならないのです。

これは磯釣りを始めようとする人ばかりでなく、そこそこの磯釣り経験者に対しても忠告しておきたいのです。そこそこの経験者は、過去の実績を知っています。さらには、過去に釣った経験もあるでしょう。これがいけないのです。”前に釣れたから、あそこへ行けばまた釣れるだろう。”−という、いわば釣り人特有の固定観念に支配されているからなのです。
自然は我々の固定観念などに対しては、全く知らん顔をしているのが常なのですから。

場所と同様に、次に大切なのは天候です。
いくら良い場所へ出かけようと思っても、日和が悪けれ
ば思うように釣りができないばかりか、当然ながら釣果にも影響してきます。危険でもありますし悪天候であれば中止をするという勇気もぜひ持って欲しいと思います。


ポイントの選定

釣行する場所が決まりました。さあ待ちに待った釣行です。
そこで、今度は磯へ上がってのポイント選定です。

釣りで大切なのは、釣れるポイントを狙う、という基本原則なのです。
釣りはポイントが最優先します。少しばかりの技術や経験などよりも、ポイントの方が遥かに優先するのです。
上手な釣り人は常に釣れる可能性の高いポイントを狙っています。それに反して、そうでない人は、釣れる確立の少ないポイントを釣っているのです。
「わしはどんなポイントでも釣る自信があるんじゃ!」、などと変な自信(?)を持っている人に限って、釣れなかった言い訳は決まって「ポイントが悪かったんじゃ!」などと自分の責任逃れをするものです。注意してください、変に釣りに自信を持つことは・・・・。
それじゃいったい何処が釣れるポイントなのでしょう?
一番簡単な見つけ方として、まずは変化している場所が上げられます。
魚は潮の変化に敏感に反応して動いています。
”潮の切れ目は縁の切れ目。”などといわれますが、まさに魚釣りなどはそのとうりなのです。
そこで、変化している場所を探します。
磯から辺りを見回せば、潮の動いている場所を探すのはそうそう難しいことではありません。このことを常に意識した上で、ぜひ頑張って探してみてください。(ポイントの見つけ方のより詳しい解説は、また後日「INDEX」に紹介などし、その時に説明をさせていただきます。)