撒き餌の撒き方

撒き餌の果たす役割

最近ばかりじゃなく、昔から磯釣りでは、撒き餌の果たす役割は非常に大きい、と言われてきました。
”そんな事当たり前だ!”、−と思っているアナタ、持参した撒き餌を、本当に考え、計算して有効に撒いているでしょうか?
多分それぞれの皆さんが、”そうしている。” −と思って撒いているのでしょう。
私はこれまでにいろんな地域の海で、いろんな人の撒き餌の方法を観察してきました。
残念ながらその結論は、せっかくの撒き餌をあまりにも多くの人が無造作(私にはそうとしか感じられなかった。)に撒いているのを見て、”非常にもったいないなあ!”−と感じたことでした。
もう少し撒き餌の撒き方の、その量や、その回数や、撒くポイントを考えながら、工夫して撒いてくれればもっともっと釣れるはずですし、もっともっと釣りを楽しめたはずだ、と感じたのは本当に数え切れないほどでした。
撒き餌の果たす役割、その意味を今からでも決して遅くはありません。少し考え直してみてはいかがでしょうか?
せっかく高いお金を払い、重い荷物として磯の上まで持ってゆくのです。大切な撒き餌、今よりももっともっと有効に活用したいものです。
余談ですが、いつも持参している撒き餌の中に、いったいオキアミは何匹入っているのでしょう?
あれを人間が食べる天ぷらにすれば、そりゃあもう恐ろしいほどの量なのですから。
それを考えもなしに撒くなんていうのは、少し気前が良すぎるんじゃありません?

撒き餌を有効に活用するために

撒き餌を有効に活用するために、私たち徳島の釣り人は、先達(先輩)から絶えず口やかましく(?)こう言われてきたものでした。
マキエは潮上から、間断なく(絶え間なく)、パラパラと撒け。 、−と。
これは「阿波の釣りの不文律」として今もなお語り継がれていますが、撒き餌を有効に撒くコツというか基本は、実はこの一言だったのです。
撒き餌は、釣り人にとって魚を集め釣るために非常に有効な薬になるのですが、その反面、量を撒き過ぎたり、撒くポイントを間違えたりすれば、一転して毒にもなってしまいます。
撒き餌を考えもなしに適当に撒くということは、実は恐ろしい事なのです。
まずはこの認識を、自分自身の内面にきちんと意識として持つことから始まります。
撒き餌を撒くその方法やテクニックが必要なのは、それから後の段階なのです。

撒き餌の撒き方

もう一度繰り返します。
撒き餌のコツは”少量を間断なく” が基本です。それも狙ったポイントの潮上から。
それでは具体的な撒き餌の方法は? −といえば、エサ取りの多い状態では、そのほとんどをエサ取りにくれてやる覚悟で撒かなければなりません。
反対に少なければ、パラパラと間断なく、で良いのです。
また撒き餌を撒く量やそのリズムは、潮の流れの速さにも関連してきます。
潮が速ければ、一回の量を少なくするかわりに回数を多く、流れの緩やかな場所ではその反対に。−と基本的な約束事があるのです。
ただ、自然状況は常に変化しているため、それに合わせて当然ながら撒き餌を撒くリズムにも変化を持たせなければなりません。
さらには、撒き方にも工夫できる余地は沢山残されています。
一点に固めまとめて撒く方法雨が降るようにある範囲に広げて撒く方法縦や横に撒こうとするポイントを絞り込んで筋に広がるように撒く方法、それ以外にも、近くや遠くといった撒き餌に距離感を持たせてやる方法、などなどと少し工夫すればいくらでも応用範囲はひろがります。
どうぞ頑張って、意識して、考えて、工夫をして、計算して、そうしていろんな方法を試してみて、自分なりに撒き餌のコツを掴んでくれれば幸いです。

ちょっと意識を変えるだけで、釣りは今よりももっともっと楽しくなるのですから。