仕掛けの流し方


磯釣りの三大基本原則

磯からのフカセ釣りで大切なのは、一番には狙うポイントです。(釣れる確立の高い場所、すなわち変化している潮を狙うことです。)
二番目に大切なのが、撒き餌です。
そうして三番目に、仕掛けとその流し方が挙げられます。
この三つの基本を常に意識し、考えながらきちんと実践すれば、グレやチヌなどは割合こちらの計算どうりに釣れる魚なのです。
私はこれを、磯釣りにおける普遍の三大基本原則だと思っています。

魚を釣るのはサシエサなのです

魚釣りで常にこちらから意識していなければならないのは、針に付けたサシエサです。
釣りは太古の昔から、針に付けた餌と魚との出会いで始まりました。
釣りをおこなっている時は、絶対にサシエサの存在を忘れてはならないのです。
けれども、悲しいかなサシエサの状態は海の中にあるために見えません。
それでは、見えなければいったいどうすればよいのでしょうか。
それは実に簡単な事なのです。
サシエサに繋がれているハリス、ウキ、道糸などの状態をとうしてサシエサの状態を推測してやればよいのですから。
少しの意識と、少しの注意ですぐにサシエサの状態がわかるようになるものです。(仕掛けを上げる時のハリスが上がってくる方向にも注意してみましょう。)

仕掛けを流す順番について

それでは、仕掛けを流す順番です。
何はともあれ、一番最初に進ませるのが最も大切なサシエサです。
二番目は、ハリスです。
三番目はウキです。
そうして四番目に道糸。
サシエサと魚との出会いを一番に考えるなら、これは当然の事なのです。
魚はたいていはサシエサや撒き餌よりも底から、さらには潮下から餌を求めて食い上がってくるのです。
魚が一番最初に出会うのがサシエサであれば、魚は何のためらいもなく食ってくれるでしょう。
フカセ釣りの基本は、実はこんな簡単なことの積み重ねだったのです。
さあ、ぜひ今度の釣りからは意識して、サシエサから流し、送り込むように工夫をしてみてください。

仕掛けの張りについて

釣り雑誌などで、よく”張り”という言葉が使われます。
それじゃ、”張り”とはいったい何なんでしょう。
これも実は簡単なことなのです。サシエサを魚がくわえたとします。けれども、サシエサからウキまでがピンと一直線に真っ直ぐになっていなければ、なかなか魚が餌をくわえたことが伝わりません。そればかりか、魚がハリスの変な(?)抵抗を感じて餌を吐き出してしまうかもしれません。
非常にもったいない事です。サシエサと魚がせっかく出会っても、釣り上げるまでには至らないのですから。
そこで、サシエサからウキまでをたるませない状態にしてやります。
その方法は、仕掛けを入れた後に、ウキをそのままの位置にしばらくの間止めておいてやるだけでよいのです。
サシエサは自然の法則に従い、沈み、流れようとします
ウキさえ止めておけば、後は放っておいても、ウキとサシエサは離れてピンと張った状態になるのですから。
自然の流れに同調させるようにウキを流してやるのはそれからで良いのです。(その後の、自然に流そうとするために行うウキから竿先までの操作については、またいつか詳しく書こうと思っております。)

仕掛けの流しは、サシエサ先行で

もうここまでで、仕掛けの流し方の基本は理解できたと思います。
フカセ釣りとウキ釣り、どちらもウキを使った釣りで一見すると似ているようですが、実は全く違っているのです。
ウキ釣りとは、ウキを頼りにアタリを取ろうとする釣りなのです。(ヘラ鮒などの釣りが、純粋なウキ釣りなのです。)
フカセ釣りとは、すなわち、サシエサ先行で自然の流れに逆らわないように魚のいる場所までサシエサを送り込む釣り、だったのです。
フカセ釣りのウキは、サシエサを先行させて流す役割や、サシエサをポイントへ運ぶ役割や、サシエサを自然に流せるような役割を背負わされているのです。

ちょっとした発想の切り替えと工夫で、磯でのフカセ釣りはますます面白くなります。参考にしていただければ幸いです。