浅釣り、深釣り釣法
(基本編)

グレ釣りに限らず、魚釣りにおいての重要なキーポイントの一つに、ウキ下やタナの問題があります。
狙っているちょっとしたタナの違いで、釣れる、釣れないの分かれ目になるのは、皆さんも少しはご存知の事でしょう。

撒き餌に、狙いの魚が食い上がってくれば、タナはそれほど深くする必要はありませんし、その反対に、いつまで経ってもサシエを盗られない(エサ盗り以外の魚が食べなくて、針の餌がそのまま残っている状態。)ならば、タナは深い、と判断できます。
こんな事はいわばフカセ釣りの定石なのですが、タナの浅い、深いを判断する簡単な目安は、まずは針に刺した餌の有無になると思います。

ウキ下を深く取るか、浅くするかは、魚の活性や、潮の動き具合や、撒き餌を撒く回数やその量の加減や、さらには狙うポイント、などなどによって違いますので、ここでは各自の判断におまかせすることにして、タナ取りについては、”サシエが盗られるようであば浅く、残るようであれば深く。”、ーが基本なのです。


浅釣り釣法
わたしの言う浅釣りとは、竿一本(約三ヒロ)までの固定仕掛けで狙えるタナのことをいいます。
グレ釣りは、通常は大体このタナの範囲内で釣れるものです。(最近は例外も多くなってきましたが、、、。)
そこで、浅釣りのコツをお教えしましょう。基本の仕掛け図は、下記のとうりです。

基本の固定仕掛け
竿は、仕掛けの打ち返し回数を要求される浅釣りには、穂先に糸が絡まない、インターライン竿です。
ハリスと道糸は、電車結びの直結です。ハリスの長さは、通常は約5m
狙うタナにより、闘魂ウキ一個を、ハリスかまたは道糸に、ヨージで固定します。
ウキは、Bを使用する場合には、ウキと針との中間に、ガン玉Bを一個打つのが、私の基本スタイルです。(口太の場合が多い。)尾長グレ狙いだと、ガン玉はウキに近づけてやります。
Fのウキを使用する場合、ガン玉を打たないか、仁丹の5号程度を一〜二個使用する場合もあります。
いずれにしても、仕掛けは、シンプル イズ ベスト だと思っております。そうしてその方が、状況に応じた仕掛けに変化をさせ易いのです。

浅ダナ釣りのコツは、まずは最初からいきなり、撒き餌とサシエを直接合わせてやる事です。そのため、撒き餌をウキに直接かぶせるように一点狙いの点撒きで二度、三度とポイントに集中して撒いても、少々ならかまいません。ワンパターンの釣り(大半の人が、こんな釣りを行っているようなのですが、、、。)で、まずは通用します。それで釣れているなら、それが正解なのです。けれども残念ながらいつまでもワンパターンの方法では、そうそう釣れ続くものではありません。

そこで、少し食いが渋くなったなら、狙うポイントを変えてやります。少しポイントを変えるだけで、またしばらくは釣れるものです。しばらくして釣れなくなったなら、何ケ所かポイント変更を行いながら釣ってゆきます。それで、アタリが遠のいたら、次に、撒き餌撒くパターン仕掛けを入れるポイントを変えます。それまでの、撒き餌とサシエを合わせるのを少し遅らせ、撒き餌の少し潮下のポイントへサシエを離して入れてやります。撒き餌も、それまでのように点撒きで撒くのではなく、少しバラけるように撒いてやれば、魚もまた動きが活発になるものです。
タナも最初に食っていたタナが二ヒロだとしたら、二・五ヒロくらいに少し深くしてやります。撒き餌が利き始めると、少し沖合いの、少し深みからそれまで釣れていた魚よりも型の大きい魚が釣れるものです。

浅ダナ釣りは、刻々と変わる状況の中で、自然と魚の変化を釣ってゆく釣りなのです。どんどん状況が変わってゆく中での、釣り人側の対応の面白さ、(仕掛けの打ち返しや、撒き餌を打つ回数を多くしなければならないので忙しいのですが、)私はそれが浅ダナ釣りの一番の魅力だと感じています。


深釣り釣法
最近のグレは、浅いタナで活発に餌を拾ってくれない場合が多くなりました。時合いには浅いタナで釣れていたグレも、少し時間が経てばいつしか釣り人の視界から姿を消し、それまでとは打って変わったような状況に一変してしまうこともあるのですから困ったものです。釣り人がふんだんに、気前良く、美味しい餌を絶えず撒いているのですから、仕方ない事かもしれません。
そこで、食い上がってこない、少し深みにいるグレの攻略法です。仕掛け図は下記のとうりです。

基本の遊動仕掛け
竿は、しなやかな穂先で糸の送り出しが抜群の、ダイワインターラインSZISO1.5号5m
道糸には、ウキ止め、ビーズ、闘魂ウキ、ヨージを通したゴム管、ガン玉、を穂先の方から順番にセットします。
基本仕掛けのウキは3Bなのですが、潮の緩やかな場所では、Bのウキを多用しています。ガン玉B一個で、時には竿三本程度のタナまで仕掛けを送り込んでやるのです。(これには少しの慣れと、少しのテクニックが必要です)
ハリスは、できる限り長く取って餌を自然に流れるようにしたいのですが、竿一杯の5m。ハリスには基本的にはガン玉を打ちません。ウキ止めも、時には外してしまい、完全な遊動仕掛けに切り変えることもしょっちゅうです。
ウキ止めをウキの頭まで下げて、ゴム管のヨージを刺したモノをウキのお尻に上げてくることで、固定仕掛けにもなります。結構応用の利く仕掛けなのです。

深いタナを狙う釣りは、当然の事ながら浅いタナの釣り方とその作業や方法は異なります。
一番の違いは、撒き餌の撒き方とその量です。いきなりのキーポイントなのですが、深釣りでは、撒き餌とサシエを、まずは同調させないようにするのがコツなのです。どこで、撒き餌とサシエを近づけてやるのかを考えなければ、途中でサシエはエサ盗りの餌食となってしまう場合が多いからなのです。

そこで、撒き餌の撒き方と仕掛けの入れ方です。
撒き餌は潮の流れで入れる場所が違ってきますが、原則は狙ったポイントへ仕掛けを入れようとする場所から少し離れた潮上、です。
具体的にいうなら、仕掛けを入れようとするポイントの二十m程度潮上へ、まずはその辺り一面広範囲に散らばるように撒きます。一杯、二杯、三杯、程度で十分でしょう。その後、仕掛けを狙っていた潮下のポイントへ投入します。仕掛けを入れた後、竿先でウキの動きを約一分程度(ウキから下の仕掛けが潮の流れにきちんと馴染む程度の時間です。)押えます。この一分程度の時間とこの操作が、その後のサシエや仕掛けの動きを左右してしまうのですから、実はこのちょっとした操作は、深ダナ釣りの非常に重要な要素でもあるのです。

ウキから下の仕掛けが馴染んだら、後は穂先からウキまでの張りを緩めて、道糸を少し緩め、遊動の仕掛けがすんなりと移動してゆくようにして、後はそのまま自然の流れに同調させながら流してやります。そこで、撒き餌を最初に入れたポイントへ、一杯、二杯、三杯程度。撒き餌はそのくらいで十分です。後は仕掛けが流れ、沈んでゆくその状態を、少し難しいかもしれませんが、張らず緩めず、の状態を保ちながら、送り出してゆけば良いのです。そうして、潮の状態を観察しながら、”ここだ!!”と思うポイントの手前辺りから、ほんの少し仕掛けを止める操作を何度か繰り返し行う事を意識して実践すれば完璧です。(とにかくどんな状況であれ、シエ先行で流すことが必要条件なのです。)

道糸の送り出しの作業は、慣れればそう難しくはないのですが、問題は潮を見る目と食うであろう潮に的確に仕掛けを送り出してゆく技術。こればかりは、経験を積んで貰わなければ仕方ない事なのですが、、、、。
けれどもダイワのインターライン竿は、従来のガイド竿よりもずっと仕掛けの送り出しがやり易くなりました。糸のスムーズな出具合いと穂先のしなやかさ深ダナ狙いを、それまで以上に、非常に釣り易くさせてくれたのです。

次に狙うタナなのですが、魚の食うタナが狙うタナなのですが、これは魚にでも教えて欲しい問題です。一応の目安として、グレの場合は、竿一本半から二本半程度の範囲でヒットしてくる場合が多いようです。(多分、竿二本以内でヒットしているのがほとんどと思われます。)

深ダナ狙いも、自然の流れに馴染むような抵抗の少ない軽い仕掛けで自然の流れに同調させるようにそうしてサシエ先行で集合し、潜り込む潮を狙うすべてはグレ釣りの基本的な約束事の集まりです。
よく、深いタナを狙う釣りは苦手だ、とおっしゃる方がいますが、軽いフカセ仕掛けで、一度上記のような方法を何度か試されると、実はそれほど難しい釣りではない、という事がお判りになるかと思います。まずは、習うより慣れろ、なのです。


【竿が魚を連れて来る】
道糸の送り出しの作業では、竿が非常に重要な道具となってきます。竿の穂先は釣り人のいわば触角です。穂先のしなやかさがそのすべてを握っているのです。やっと素晴らしい竿になったダイワのスーパーインターラインVS,SZ,HZ、SXの各シリーズ。波飛沫や強風などにも道糸への影響をあまり受けないインターライン竿。その竿が、持ち重りも、穂先のしなやかさも、糸の出具合いも、とうとう従来のガイド付きの竿に追いついてしまいました。
タフな条件下では、もうガイド竿以上の能力を発揮します。仕掛けの打ち返しのコントロールを要求される浅釣りのみならず、道糸の正確な送り出しを要求される深釣りにも、なくてはならない道具になってしまいました。
まだダイワのインターライン竿を使った事がない、という方、ぜひ一度浅釣りのみならず、深釣り攻略にも一本いかがでしょう。(釣り具屋さんで、並んでいる商品を手に取り、穂先の感触をこっそりと体感していただければ、その能力のほどはすぐに判って貰える筈です。)
釣り人の腕もさることながら、実は、竿も魚を連れてくるのです。そうして連れてくるばかりか、それまで以上に釣り易く、楽しくさせてくれるのです。私が現在、その事実を一番実感させられているのですから。