何故"闘魂ウキ"を作るようになったのか?

もう二十年以上も前になりますが、磯釣りを本格的に始め出した頃の事です。
その当時は、それまでの阿波の桐玉ウキから、そのほとんどが円錐ウキへと変わりつつある時代でした。
円錐ウキの威力で、それまでよりも魚はたくさん釣れはじめたのです。
そのため、釣行に出かけるたびごとに、釣りに対するこだわりばかりかウキに対してのこだわりも強くなっていったのです。

市販のウキは随分買ったのですが、あまり飛ばない、表示浮力がデタラメ、さらには磯に当たればすぐに壊れる、といった私にとっては非常に不満足なシロモノでした。
釣りに出かけるたびごとに、ウキに対するストレスが増大します。
思ったポイントまで仕掛けが飛ばず、イライラはつのるばかりです。そればかりか、空合わせでウキが磯にぶつかれば、釣っていて、途中からウキ自体の浮力が変わってくることなどしょっちゅうで、釣り辛いことこの上ありませんでした。
自分自身でどうしても納得できなかったのです。

納得できなければ自分で作るより仕方ありません。
けれども、いきなり作れる訳もなく、最初に行った作業は、まずは市販ウキの改造からでした。
最初は、残存浮力の大きいウキの下部にドリルで穴を空け、小粒のガン玉を埋め込むことから始めます。
B表示のウキならBの負荷で水面丁度程度になるように調整してやるのです。(当時のウキのほとんどは表示より浮き過ぎていた。)

このちょっとした作業だけでも、仕掛けの打ち返しは随分と楽になりました。
少し手を加えるだけで、ウキ一つがこんなにも釣り易くしてくれるということに初めて気が付いたのです。
自分にとってのウキに対する認識の、大きく、そして新たな発見でした。

次に行ったのは、当時発泡素材のウキが出始めた頃だったので、加工のし易い発泡に鉛を仕込み、それをカッターナイフで削り、自分自身で考えているような自分の釣りに合ったウキを作ることでした。
いわゆる本当の手作りウキのスタートです。
自分で納得できるまでには程遠いモノでしたが、デコボコしていて、カッコの悪いウキでしたが、それでも市販のモノよりも使い勝手は遥かに良かったのです。

使い勝手の良いウキは、釣りをそれまでよりも更に楽しくしてくれます。―と同時に、釣果も上がり釣りに対する工夫も今まで以上になります。
ウキ作りの工夫は、すなわち釣りに対する工夫ともなったのです。
―以来、もう自分で使うウキは自分で作るのが一番手っ取り早い、という考え方になってしまったのです。

さて、ウキ造りに対する工夫や苦労はそれからでした。
まず、ウキを作るための道具がありません。その材料もまた然りです。
素材である桐や発泡は簡単に手に入ります。
内蔵鉛と中に入れるパイプ探しからのスタートでした。
材料の手当てができたとしても、今度はウキに仕上げるためのモーター、削るための刃物、さらには表面に塗るための塗料、などなどと初めて何かを行おうとするための関門はそれこそいくつも待ち受けていたのです。
さらに困った事には、造り続けてゆくうちに、不思議なことですがますます、"もっと自分が満足のできる、納得のできるウキがつくりたい。"、−と思うようになったのです。

その大きさや重さ、残存浮力の調整、その形状などは自分で作るため、時間と工夫と努力と根気を惜しまなければ、ある程度は思うように作れるようになります
後はウキのバランスにこだわり、見た目であるデザインなどにこだわり、磯に当たっても壊れないウキを目指せるようになったのは、ウキを作り始めてから、それこそ六〜七年も経ってからのことだったのです。

―以来、常に今よりももっと釣り易く扱い易くタフでカッコが良く綺麗なバランスのとれた、そうして魚の釣れるウキを作りたい、と二十年以上経った今でもまだ性懲りもなく考え、まだウキを作り続けているのですから、本当に欲張りで、困った釣り人なのかも知れません。