大分県鶴見崎のグレ釣り '00/6/18



ようやくグレが釣れ始めた大分県の鶴見崎一帯。

六月十八日は、恒例の “闘魂会”の親睦会です。

結果は、24名の参加で何と21名がグレと出会ってしまいました。(3名は磯に恵まれなかっただけです。)
ーで半分以上の人は二ケタ釣り最大で46.5cm、平均の大きさは35cm前後、という好調さでした。

前もって浜田正さんのグループの7人が磯取りをしていてくれたおかげで、これほどの釣果が上がったのです。
とにかく、バンザーイ!

当日の鶴見崎一帯は釣り人の大ラッシュ。
遅れていたグレ釣りもようやく本格的に釣れ始めたのですから、これは仕方のない事なのでしょう。

午前4時過ぎには磯上がり。明るくなった午前五時、何気なく仕掛けを入れて流していた私にいきなりアタリです。

不意打ちで釣れたのですから、もうこれは偶然のヒット。

その後、浜田さんに二連発。同行の山口さんにも40cm近いグレがヒットして、今日はいったいどうなる事やら、と思っていた矢先にパタリとアタリはなくなりました。

潮変わりの時間だったのです。

「浜ちゃんここは尾長おる?」 「尾長はおらん。」
「それじゃ大きいグレおる?」「大きいグレもおらん。」

もう私は何故か意気消沈。(最近好調にグレと出会い、調子に乗って、さらには欲の塊となっていた釣り人のエゴです。)

もう磯変わりをしたとしても、私の欲望を満たせるような場所へは、とてもとても。
嫌々(?)釣っていた私が一匹追加し、浜ちゃんが二匹追加した後、周辺の潮の動きと、そうして私のやる気のない態度を気使ってか早々に磯変わり。

けれども、やはり今日はもうめぼしい磯はありません。ーったく私は欲張りな釣り師なのですから。


けれども我々の不調とは裏腹に、他の磯からの便りは絶好調
携帯電話の威力は絶大です。

日和も前日の大雨がまるで嘘のようにパタリと止み、お昼前頃からはとうとう青空も見え始めました。

天気予報に反して、もう最高の日和となりました。
今回は潮通しの良い磯へ上がった皆さんは存分に釣っているに違いありません。

ーと思っていた11時前。この磯ではパッとしないのを察してか、浜ちゃんの気配りで、釣れている “小バエ”へ写真を撮りにゆく事になりました。(少しは釣ってやろう、などという不届き千万な考えも少しはあったのですが、、、午前中に撮った浜ちゃんの写真だけではどうもボツになりそうなので、取り敢えずは写真優先で、という二つの気持ちの大きな葛藤。釣り人としては大変辛い選択です。)

ところで、最近の釣り業界は何故か史上空前の大不況。雑誌社とてもそれは同様なのらしいのです。
ーで、 “にわかカメラマン” としてお世話になっているある雑誌社のカメラ片手に磯巡り。<ボランティア(?)です。>

何とか少しでも恩返し(?)ができれば、という気持ち半分と、我がメンバーのスナップを雑誌に掲載していただければ、などという自分勝手な思惑の気持ちが半分で、最近の私は釣りばかりか “にわかカメラマン” として頑張っているのです。

先日は三橋政英、林雅芳、林基志(敬称略)の三名がカラーグラビアで登場しました。
次回は山口真司(敬称略)の42cmのグレのスナップが掲載されます。


そうして今回は、浜田正さんを筆頭に、次の皆さんが掲載される予定ですが、こればかりは先方の雑誌社の判断ですので、さてさてどうなります事やら。(まあ間違いなく掲載されるでしょうがー。)


<お父っあんと息子ではありません。>


<地元佐伯の今泉鉄徳さん>

<おちゃらけ(?)の松本富夫さん>

とにかくお二人はヒット、ヒット、ーでカメラマンは大忙し。(実はこんなに疲れるとは思ってもみないほどでした。)

竿の曲がりからタモ入れまでの一連の動作を、自分がいつも撮られているようにうるさく注文をつけなければなりません。
こちらも大変ですが、急な “にわかカメラマン” の注文に応えようとする釣り人も大変大変。

朝から座ってばかりで、真剣に釣りを行なっていない “ぐうたら釣り師” またの名を “にわかカメラマン”
途中で少し釣らせろ、とばかりにお二人のポイントへ割り込み、とうとうポイントの横取りです。

???、“仕掛けが馴染まない。” 相変わらず座って横着な釣りを行なってみるのですが、全く釣れる気がしないのです。
いったい何故なんでしょう?−で交代すればまたまたお二人にはヒット、ヒット。

まあ釣りは組み立てです。集中力です。朝から座ってばかりの横着な釣り人には、魚もそっぽを向いてしまいます。
おかげで釣りを終えた後のお尻の痛いこと痛いこと。(八時間近くは座りっぱなしでした。反省、反省!)

まあ私はともかくも、お二人が釣ってくれて、感激、感激。


OKポーズを一枚。
松本さんの背後霊(?)、いやあつかましいプロデュサーみたいな私の姿です。
もう今日はOKです。心配していた写真は無事撮り終えました。今までで一番の写真が撮れたような気がします。

誰かが喜んでくれれば、それが実は私の大きな歓びとなって帰ってくるのです。

エゴイストである私は、ところで最近磯へいったい “何を釣りに” 出かけているのでしょう?


納竿は午後二時。順番にお互いが手際良く荷物の整理にかかります。
最後までマナーの良い皆さんには、いつも感心させられてしまいます。

釣りはお互いの仲間を気使ったり、−と同時にマナーをも大切にする遊びでもあったのです。


恒例の親睦会は、佐伯市内の銭湯をも兼ねた宴会場。

皆さんが一風呂浴びている間に、私はもう生中(生ビール中ジョッキ)をいつしか五杯も。
相変わらずの “飲み助” なのですが、宴会でもまたまたビール、ビールでとうとう十一杯目。

ーで、楽しい時間は本当にアッという間に過ぎてしまいます。

“ ああ!今日は楽しみを釣りに来たのでした。”ーなどという “飲み助” の言葉。
釣り人が釣ろうとしていたのは、何もお目当ての魚ばかりじゃあなかったのです。

楽しい仲間が集まり、さらには多くの人がグレと出会い、それぞれの楽しい顔を拝見できるこの幸せ。
釣りは一人で出かけるのも楽しいモノですが、多くの気心知れた仲間で出かけるとより楽しくなるモノです。

今回は皆さんそれぞれが、そんな釣行となったようです。魚ばかりか楽しさをも、それぞれが釣ったのですから。