愛媛県三浦半島蒋淵のグレ釣り'99/10/23



今秋初めての開催となる、”闘魂会”の親睦会。

私の都合により(24日からは長崎県への釣行予定でした。)、23日の土曜日に愛媛県の蒋淵に集まる事になりました。
今回は残念ながら、皆さんの都合もあり、徳島から六名、松山から三名の計九名だけです。
日曜日の開催だと、もっと多くの人が参加できたのですが、、、。少し今後の反省材料となりました。

磯は予めの予約制のため、予定していた黒島周辺の磯へそれぞれが別れての磯上がりです。
まだ暗い午前五時三十分、予定どうり出船です。目指す黒島へは約三十分あまり。
それぞれがそれぞれの磯へ上がり、最終組で私と宇和島の林さん、それに徳島若手 “期待の星”西山君との三人で磯上がりです。場所は黒島の二番


磯上がりで一番に嫌な感じがしたのは、北東からの強い風。

船付きでは横殴りの強風です。予期せぬ強風に正直困ってしまいましたが、まあ仕方ない事です。
この日は大潮で、満潮は今この時なのです。さあ、急げ、急げ、とばかりに釣り支度と整えて、ーと。
釣り座をそれぞれのお二人に決めて貰い、さあ朝の時合いを逃さずに、まずはチャンス到来といったところでしょうか。

期待を込めて、一投、二投、???、サシエはすぐになくなります。竿一本強のウキ下は、仕掛けを入れるたびごとに、どんどん浅くなってしまいます。(サシエがなくなるようであれば、ウキ下を浅く、はグレ釣りの定石なのです。
モタモタとしている私を横目に、西山君がいきなり30cmほどのグレを一匹釣り上げてしまいました。
“あ!!、グレは間違いなく釣れる。” 我々二人に、そう確信を持たせてくれる “期待の一匹” だったのです。

ところが、世の中同様グレ釣りの世界もそうそう甘いものではありませんでした
少しマキエが効いてくると、辺り一面もう真っ黒になるほどのエサ盗りが水面近くにまでのさばっているではありませんか。
餌に対する反応はすこぶる早く、右へ撒こうが沖へ撒こうが、もうベッタリ。
おまけに潮はのらりくらりと動くような動かないような状況では、さあいったいどうしましょう?


結論から言えば

納竿の十二時まで潮は無情にも動こうとせず
、−でその様子は下記のスナップのとうりです。

この日の私は、西山君の教育係(?)として望んだにも関わらず、朝の時合いの一時間近くは少し面食らっていました。

上記スナップの右下の岩場から、“それじゃ!” とばかりに、動かない海に向かって、通称、“あっちゃ、こっちゃ作戦” です。
手前はエサ盗り、沖もエサ盗り、こんな状況下では、撒くエサの量にモノを言わせてグレを誘き出す、しか、取り敢えずの方法はないようです。型の良いグレを狙う、などという贅沢はとてもできません

−で、とにかく大きさ云々よりも、大きさにこだわらずに、まずはグレを釣る事、が目標となりました。
何とも寂しい釣り師になったものですが、けれど仕方ない事なのです。

けれどもこんな状況下でのグレ釣りは、実は非常に難しい釣りを要求されるのです。
その要点を書けば、エサ盗りをかわしながら、エサ盗りの中からグレを瞬間的に釣り上げる、という訳の解らないような解説になってしまうのですが、一番手強い、と感じた事は、エサ盗りに混じって、エサ盗りの中にグレが見えない、という致命的な現実なのです。
多分、グレの動きが速くて、普段以上に認識できなかった、のかもしれませんが、、、。

マキエで瞬間的にグレを誘い、仕掛けを合わせて、瞬間的に釣る、こんな忙しい釣りになってしまったのですが、取り敢えずは28〜35cmのグレを三匹釣ったところで、急遽西山君を呼び寄せます。

仕掛けは決して一ヵ所ばかり狙わずに、一投ごとに狙いのポイントを変える、少し多く撒くマキエと仕掛けはきちんと合わせる、彼に最初に説明したのはまずはこの二点。
これをきちんと実行するとなれば、仕掛けは狙ったポイントへマキエも狙ったポイントへ、という至極当たり前の磯釣りの基本動作が必要となってきます。ところが、ここで私は普段から自分はそうして釣っているにも関わらず、誰にもその事を伝えないでいたのです。
彼とは過去にもう三度ほど並んで釣っていたにも関わらず、です。私の全面的なミス、だったのです。
だっていきなりにそれまでの自分の釣りから、急にコントロール良く、きちんと狙ったところへ仕掛けとマキエを投げろ、とはいっても土台それは無理な事だったのですから。

このページを読んでくださっている皆さんにもぜひ伝えておきたいのですが、自分の仕掛け、自分のマキエは、常に自分の狙ったポイントへ、まずはきちんと投げ入れることからグレ釣りのゲームは始まります。
普段の釣りで、常にそれを意識し、さらには練習を積み、そうして頭と体の両方で覚えておかなければ、なかなか自分の仕掛けや自分のマキエを、自分の思いどうりにコントロールして投げ込む、という事が、出来るはずはないのですから。
そりゃあ適当に仕掛けを入れて、適当にマキエを撒いて、・・・・・、それでもグレは釣れますが
グレ釣りはゲームなのです。

ゲームという遊びは、こちらがまずは意識的に相手に対して主導権を握ってやろう、とする事から始
まる
ですから。

ーで、何度かの繰り返しの後、とうとう西山君もグレを釣り始めました

仕掛けとマキエのコントロールの大切さ、さらには撒くマキエの量の加減とそのタイミング、さらには狙うポイントを絞り込む潮の読み方、などなどが、現場で自らが実践する事によって得られる大きな財産となる筈なのです。
釣り上げるタイミングさえ解って貰えれば、後は素直で熱心な彼の事、次の釣りでは釣り損じのないよう、もっともっと旨く釣っているに違いありません。

今日の釣りが明日に繋がり、明日の釣りが今日の釣りよりももっともっと楽しくなる、それが私にとっても理想なのですから。


お隣りで釣っていた林さん、さすがにベテランです。
大物狙い、大物志向の彼も、こんな状況では仕方なしかウキ下は3ヒロ前後とこだわりを持ちながらも、ポツリポツリとグレを釣り上げています。1.5ヒロ前後にウキ下を調整すればもっともっと釣れたのでしょうが、けれどもそれが多分彼の持ち味であり、彼の魅力なのでしょう。

少し暗いスナップになってしまいましたが、彼の温厚そうなその表情、終始釣りを楽しんでいる柔和な雰囲気から、釣りの楽しさがまた改めて伝わってきたような気がします。


納竿は少し早くて、12時
今回は何と全員がそこそこの大きさのグレをきちんと釣っている、こんな事は珍しい(?)事なのですが、まずは、メデタシ、メデタシ、といったところでしょうか。

ところで、我々以外の磯の状況は、何故かエサ盗りがあまり居なくて・・・、との事だったので、思わず、 “ほんまかいな?” 、と思わず狐に摘ままれたような気持ちになってしまったのは仕方ない事でした。
不思議なものですネ、海は。

手前事で申し訳ないのですが、この後、全員で宇和島の薬師谷温泉へ出かけ、ゆっくりと温泉に浸かり、非常に美味しい料理(温泉と料理で¥3,000.−なり)をいただいたので、釣りで二度も楽しい思いをさせていただきました。(“闘魂会”親睦なのです。)

少し早く釣りを切り上げたための、予期せぬ効用だったのかもしれません。(手配をしてくださった林さん、どうもありがとうございました。この場をお借りしまして、お礼と感謝を申し上げます。)
素晴らしい場所ですよ、薬師谷温泉はー。


<終わり>