薄墨 賢二が皆さんからの
ヨロズ相談にお答えします



第5回

グレ釣りを始めて二年目。船頭さんは、磯際を釣れ、というのだが?


初めまして九州熊本のMと申します。

昨年、メガドライを買ってその素晴らしさに感激し今年はト−ナメントマスタ−ドライも買いました。

こちら熊本でゲレ釣り出きる所は少ないので主に鹿児島県甑島でグレを釣ってます。

まだグレ釣りを始めて二年目なので解らない事だらけです。

そこで質問なんですけど、甑島の鹿島では船頭は磯際を釣れと言います。

ト−ナメントマスタ−ドライは5.3mのラインナップだけなので、とても釣りづらいです。

他社製品ではショ−トロッドとかズ−ム機能の物とか有り便利だと思う気持ちも有りましたが、
ただ単に私が釣り方を知らないだけのような気がしてます。

宜しければアドバイスをお願い致します。

それでは体調に気をつけてお仕事頑張って下さい。

PS:闘魂ウキは大事に使ってます。


薄墨賢二からのA(答え)

竿の操作性については、常々5.3mよりは5mが格段に良い、と感じています。

けれども残念ながら、ご質問にあるように、ト−ナメントマスタ−DRYは5.3mのラインナップ
だけなので、それはそれで仕方ない、と思って、私も愛用しています。

5m竿については、トーナメント競技DRYがありますが、通常使う場合はマスターDRYの持つ
調子が一番使い易いので、購入されたのは非常に賢明な選択だと思います。

そこで磯際を釣る場合なのですが、結論から言ってしまえば、5.3m竿も5m竿もそれほど
遜色はありません。同様に、ショートロッドやズーム機能のものについてもー。

その大きな理由は、磯釣りの狙うポイントは釣り手側の竿の操作方法で
そのほとんどの場合をカバーできるからです。

一番手っ取り早い方法は、釣ろうとする磯際ポイントを起点にして、自分が右か左へ移動
すれば、そうして磯際に平行になるように竿を操作すれば、非常に釣り易くなるはずです。

磯が狭くて動けないようなら、まずは仕掛けを一度沖へ投入し、、竿を真上へ立てながら、
手前へゆっくりと仕掛け全体を引き戻してやれば、対処できるでしょう。

この場合、正面からの風やウネリが強ければ、道糸がふけている分だけ少し釣り辛くなりますが、
そんな状況時には頭上にある竿先を思い切って右か左の磯際へ場所移動を行います。
道糸からウキまでを磯際に平行に持ってくるのです。

磯際狙いは竿と道糸の角度をどうするか、で釣り方は変わってきますが、慣れればそうそう難しい
問題ではありません。

釣り方は釣り手側の工夫しだいで、だいたいは思ったとうりになる場合が多いものです。

マスターした人にとっては簡単そのもの、ところがまだ操作方法がわからない人にとっては
非常に厄介な問題、というのは今後も磯釣りを行う上において数多く待ち構えている問題だ、
と思います。

とにかく磯釣りは、習うよりは慣れろ、なのですが、その前には自分なりの疑問を持ち、
その疑問を解決するヒントを探して、まずは習う事、が先決です。

わからない事、どうしようもなく感じている事、などなどは、今後もどんどんベテランにでも聞いて
教えて貰う、といった姿勢は非常に大切な事です。

そういった姿勢を持ち続けている限り、磯釣りはぐんぐん上達するでしょう。

今後もどうぞ頑張ってくださいネ。